スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Paris 1979

f:id:torinko:20210526092543j:plain

 

Jazztimeの海賊盤CD-R。2枚組です。このシリーズはどれもこれも「期待していなかったらすごい演奏が詰まっていた」という感じ。これだって、ジャケットは「Another World」のものを流用しているし、チャック・ローブがいる時点でまったく期待していなかったのだけど、似たようなメンバーの「Empty Shells」より締まっている。もう少し時代が下ると、ピアノがアンディ・ラヴァーンからミッチェル・フォアマンに代わってさらによくなるしチャック・ローブのコンポーズも良くなっていくんだけど。それでも「Utopia」とかの頃に比べて、ラヴァーンもだいぶよくなりました。特に作曲がかなりマシになしました。

1曲目の「Kali-Au」はパット・メセニー・グループを彷彿させる曲で、ライブよりはスタジオでじっくり取り組めばもっといい演奏になったであろう曲。ほかでもやっていますが、こちらの方が出来がいいと思う。4曲目「Europa」はここでしか聴けません。誰の作曲なのかもわからない。とにかくレアであることは変わりない。

Empty Shells」と重なる曲が多いのだけど、まだこの時期に「Lester Left Town」をやり続けているのが、いかにも過渡期的。これはゲッツにとっても1970年代のレパートリーで、1980年以降は演奏しなくなりますね。一方、60年代からずっと愛奏している「Spring Can Really Hang You Up The Most」がまだ演奏されている。60年代のときよりさらに円熟して、さっぱりしているわりには感動が深い。いえいえ、実は1983年のDVD 「Vintage Getz」でも演奏しているので、かなり長くやっていることになります。一方、ゲッツ以外の演奏は知らないのがまた選曲のおもしろさを感じさせる(私が知らないだけでしょうけど)。

ラストの「Stan's Blues」、時代を追ってきてついにあのメロディの登場です。このライブが1979年11月、それより少し早い「Live At La Spezia Jazz Festival (Italy, July 7, 1979)」はタイトル通り7月のライブ、とにかくあの「Stan's Blues」の登場は1979年からですね。1951年の「Stan Getz At Storyville」での演奏はノーカウントで。1977年、スティープルチェイス盤では同タイトルながら別のメロディでした。

あ、「あのメロディ」とか「別のメロディ」というのが何を言っているのかわからない人は、こちらをご覧ください。「あのメロディ」がBの方です。

 

Boston 1975

f:id:torinko:20210525131127j:plain

 

Jazztimeの海賊盤CD-R。このレーベル(?)、つくりはテキトーに見えて内容がすごいものだらけ。これは1975年4月1日のライブで、5月には「The Best Of Two Worlds」を録音するわけです。メンバーはやはりアルバート・デイリー、ベースはクリント・ヒューストン、ドラムがビリー・ハートという、おなじみの面々です。ベースとドラムはピアノがジョアン・ブラッキーンに代わってからも一緒にやっていますね。1976年の「Moments In Time」にその共演が収録されています。

The Best Of Two Worlds」でも演奏している「Chovendo Na Roseira」が、歌なしのコンボで冒頭を飾ります。それだけでもレア。ブリッジにおける変拍子部分を、ソロのときもゲッツがしっかり吹いているのが新鮮。やりにくそうな感じにも聴こえます。

「500 Miles High」はゲッツの最初の音がうまく出なかったりキメの部分のアーティキュレーションがあまりマッチしてなかったり、ビリー・ハートと(初演時のドラマーだった)トニー・ウィリアムスの差をまざまざと見せつけられたり、いろいろとおもしろい。デイリーは一見派手ですごく聴こえるけどいつものワンパターンの盛り上げ方だし、クリント・ヒューストンも速いパッセージが出る割にはフレーズがカッコ悪く、それがいかにもナマモノのジャズとしてむしろ楽しい。たまにスタンリー・クラークのようなフレーズが飛び出すのはグッド。

ほかにも、全体的にゲッツが少しフラフラしている印象。「Unknown Title」とされているブルースはテーマなしで始まる「Stan's Blues」だけど、ここでも最初にゲッツがヨレてしまう。それでもさすが、ちゃんと立て直す。

最後の「La Fiesta」は、デイリー入りのコンボではこれまで当たりがなかったのでまったく期待していませんでした。ところが、少しアランフェス協奏曲を組み入れたデイリーの導入が奇跡的にカッコよく、初演に比べてはるかに速いイントロから疾走感ばっちりで、ゲッツのソロもデイリーのソロもダレていない。「500 Miles High」ではデイリーにいつもの「La Fiesta」で見られたワンパターンさを感じたけど、こちらはそんなことなく、「やればできるじゃないか」と見直しました(いつもこればかりですみません)。

 

ただ、非常に残念なんですが、この音源、丸ごとYoutubeにアップされてるんですね。購入する前からわかっていたことですが。

Complete In Paris 1971

f:id:torinko:20210525123233j:plain

 

「Jazztime」というレーベルなのでしょうか、それとも「ステレオサウンドボードレコーディング」というのが会社名?海賊盤をたくさん販売しているところのCD-R商品です。ジャケットからも海賊盤であることがよく伝わってきます。ファンの間では有名すぎる写真を使ってるし、そもそもこのアルバムではソプラノサックスなど吹いていませんし。ところがこれが非常によい内容。

内容は1971年の、例のオルガントリオとのライブ。ギターのルネ・トーマス(トーマ)、オルガンのエディ・ルイス、ドラムスはバーナード・ルバートと読むのかな。

人によってはゲッツがもっともつまらなかった時期と言うかもしれない。確かに既存の「Stan Getz - Rene Thomas Quartet / Live In Loosdrecht 1971 」はイマイチだったかもしれないけど、この海賊盤はこれまで発表されたオルガントリオとの編成の中で一番エキサイティング。いつもは「またか」と思っていた「Our Kind Of Sabi」や「Theme For Emmanuel」もルネ・トーマスによるギターの導入がかっこよくて、なんだルネ、やればできるじゃないか、と偉そうに思ってしまいました。また、アルバム「Dynasty」収録バージョンでは長すぎた「Mona」も半分くらいの長さになっていて、なんだこの曲も悪くないじゃないか、と思いましたね。ゲッツのオルガン時代をあまり好きでない人にはまず聴いてもらいたい。あ、それは私でした。「Stan Getz - Rene Thomas Quartet / Live In Loosdrecht 1971 」での評価が180度変わってしまいました。

ゲッツ自体は相変わらず好調です。というか、この編成のゲッツはいつも同じフレーズを吹いているような気がするけど。

ところでこのアルバムの一番の聴きどころは、「Chega De Saudade」。15分以上のテイクです。まず、この曲をメドレー等でなく普通にソロ回しとして演奏していることが珍しい(いつもは早々に「Desafinado」にメドレーで移りますから)、またゲッツにとってはオルガントリオとの演奏によるボサノヴァ曲というのも珍しい(ブラジルでは珍しくないですが)。とはいえワルター・ワンダレイのようにはなっていません。

ちなみに、現時点の話ですが、Youtubeには同じ音源ではありませんがこの編成での演奏の動画がアップされています。ちょっと長髪っぽいゲッツ、いつも変わらない風貌のルネなど、一見の価値あり。