スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

「Yesterdays」

(ここで言っていることはすべて「私の知る限り」の話なので、間違ってたらすみません)

ジェローム・カーンによるスタンダード曲「Yesterdays」、ちょっと数えてみたら、ゲッツは18テイクの録音を残しています。けっこう演奏していますね、うち1つはヘレン・メリルの歌伴です。

ゲッツのレパートリーの中でも、最初期と晩年に演奏していた曲です。ただし、キャリアの中でずっと演奏し続けていたわけではありません。基本的には1952年に録音が集中します。ルーストにおける1950年のおそらく初録音が非常に高く評価されています。

その後、1953年のチェット・ベイカーとのピアノレスカルテットでの演奏がありますが、ここまではしっとりと演奏するスタイルです。しばらくして1960年のJATPでの演奏があり、そこから例外的な1977年の演奏を経て、いよいよ1986年のアルバム「Voyage」に。ここからはどっしりとベースが先導するアレンジになり、1990年まで主要レパートリーとしてこのアレンジで演奏することになります。つまり、リーダーセッション後のキャリア初期にはさんざん演奏していてその後ほとんど演奏しなくなり、59歳60歳くらいから亡くなるまで新しいアレンジで再び演奏するようになったというわけです。

バラードとして演奏するにはどうも湿っぽくてやりにくい曲、すなわち「難曲でもないのになぜかしっくりこない曲」ですが、晩年のアレンジは力強いスイングであり、このアレンジならやりやすいんですよね。私も演奏するときはこちらの、いい意味でムードがないかたちで演奏するようにしています。

「You're Blasé」

(ここで言っていることはすべて「私の知る限り」の話なので、間違ってたらすみません)

スタンダード曲「You're Blase」、ちょっと数えてみたら、ゲッツは3テイクの録音を残しています。曲の入り方といいエンディングといい、最高にすばらしい、ゲッツのために作られたバラードと言ってもいいくらいです。最初の一音、このタメがいい。

この曲はインスト2テイクとエラ・フィッツジェラルドの歌伴1テイクがあります。これ、たまにあるように、ゲッツが歌伴をやって気に入ったからレパートリーに加えた曲だと思っていましたが、初出は1956年のインストでした。1957年にエラの伴奏をしています。そして、3テイクの中でも最高である1981年のライブ盤「Spring Is Here」。これを聴かずしてゲッツのバラードを語るなかれというほどのものです。

とにかくゲッツのバラードの中でも好きな曲ですし、あまり他のミュージシャンが演奏しているのを知りません(私の場合、ゲッツ以外の知識が乏しいので有名なものも知らないということがありますが)。ところで、タイトルのアクセント符号が気になりますよね。英語ではないのかな?わかりません。

 

「Just Friends」

(ここで言っていることはすべて「私の知る限り」の話なので、間違ってたらすみません)

スタンダード曲「Just Friends」、ちょっと数えてみたら、ゲッツは7テイクの録音を残しています。

当初は5つのテイクのみが知られていました。そのうち3つはチェット・ベイカーとの北欧ライブ。1つはヘレン・メリルの歌伴。つまり5つのうち4つが歌伴なのです。インストは1つしかありません。

チェットの歌伴は、とにかく「おもしろい」。1983年2月18日のストックホルム録音(ファーストステージの方。ゲッツ録音の中では初出)は、スタンダードだったからリハをしっかりやらなかったのか、エンディングで全員が「あれ?どうやって終わる?」となり、グダグダ強引に終わらせています。さすがジャズ。また、チェットのスキャットはバップフレーズでむしろ違和感ありあり。スキャットは即ジャズではないということがよくわかります。この曲、私が普段Gメジャーで演奏しているのでそれが「一般的」なのではないかなと思っていますが、ここでは歌伴ということもあってFメジャーでの演奏です。

ヘレン・メリルの歌伴は、アルバムタイトルにもなっています。メリルの歌はそこそこにゲッツが短いながらもかなりノったソロを聴かせてくれます。これも歌伴なのでキーはCメジャー。

当初知られていた唯一のインストテイクはアルバム「Voyage」から。

え?収録されていない?そうなんです、これは、当初発売されたCDにボーナストラックとして収録されていましたが、その後廃盤で「幻の名盤」扱いになり、ながらく入手困難でした。ようやく再発されたと思ったら、なんと「Just Friends」が入っていない、アナログ盤フォーマットのもの。そりゃないよ、と思った人も多かったでしょう。

ここでの「Just Friends」は10分近くのトラックですが、なぜこれが当初発表から落とされたのか納得いかないほどの出来。しかし、よく聴いてみるとゲッツの調子が良すぎて、冒頭からフェイクしまくっているのが一般ウケしないと思われたか。それとも最初からアウトテイク候補で崩していたか。いずれにしろ名演。

で、おもしろいことにこれがFメジャーなんです。え、Gメジャーじゃないの?と思ったんだけど、おそらくチェットの歌伴をしたときからレパートリーに加えた曲なのでしょう、だからチェットのキーにしているのだと思われます。そもそもゲッツが一般とは違うキーで演奏することはさほど珍しくもないですし。

一時期はこれでゲッツの「Just Friends」はすべてと思われていたのですが、JazzTImeによるCDR盤「North Sea Jazz Festival 1989」が発売されて、なんとここに2テイクも入っていたのだから衝撃でした。もっともライブ録音であり、スタジオのインストはアルバム「Voyage」のみですが。

個人的にはこの曲はゲッツにぴったりの曲想だと思います。バンドのレパートリーとしてもっとたくさん演奏していてもおかしくないような曲ですが、それはのこされたテイクがあまりにも名演であり、ゲッツの代表的な録音といいたいほどだからなのかもしれません。しかし、ゲッツの長いキャリアの中で初出が1983年なんですね。晩年のレパートリーなんです。