スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

In Sweden 1958-60

f:id:torinko:20201103154528j:plain

内容としてはヴァーヴの「Imported From Europe」のスタジオセッション全貌にいくつかのライブ音源を加えた内容。厳密には逆で、スウェーデンで現地のレコード会社が主導して製作した音源を、アメリカではヴァーヴがまとめて発売した、という流れでしょう。

スタジオ録音の方は、ヴァーヴのアルバムに収録されなかった「Gold Rush」や「Cabin In The Sky」など、お蔵入りさせるのが惜しい演奏がずらりと並んでいる。これだったら、当初収録のアレを落とした方が・・・と思えるほど。別テイク群は一度聴いたらもう聴かないんだけど。

 

ライブ録音では、ゲッツの演奏としては珍しい「Stareway To The Stars」やワンホーンによる「A Night In Tunisia」など、これまた意外な選曲。「A Night In Tunisia」は微妙にメロディが変わっていることに違和感が覚えずにいられないけどね。

それから「Ah-moore」。もう「Amor」とかタイトルまで亜流が発生していて何が本当かわからなくなるけどw、ヴァーヴ盤「Stan Getz At Large」でゲッツ作とクレジットされていたこの曲、私は「ゲッツ作のわけがない」と言っていたし他のアルバムではアル・コーンのクレジットになっていたこの曲、収録されているライブのMCでゲッツがはっきりと「アル・コーンの曲」と言っていましたw

 

In Sweden 1958-60

In Sweden 1958-60