スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Stan Getz Miles Davis Rare Live

f:id:torinko:20201103154357j:plain

ジャズ界でもっとも期待外れの1枚。まずこの2人の共演ではないのにこのジャケット。マイルス・デイヴィスの方の録音も、レスター・ヤングの衰えっぷりが悲しくなるんだけど、やはりゲッツの録音について。

このアルバムがどうして期待されるかというと、スコット・ラファロの死の3日前の演奏が収録されているから。この時期、ラファロはゲッツのバンドとビル・エヴァンスのバンドの両方でレギュラーを務めてました。

ところが録音状態が悪すぎて、バッキングをしているときの音はほとんど聴こえない。「Baubles,Bangles And Beads」なんか、ホントにベースレス状態。それでも3曲中2曲でソロが聴ける。おなじみの音色とフレーズを聴くとビル・エヴァンス・トリオでの演奏がよみがえってくる。

3曲目の「Where Do You Go」はミスクレジット。ルーストのセッションでジジ・グライスの「Wildwood」として収録されている曲だよね。ゲッツはMCではっきり曲名を言ってるけど、間違い。本当の「Where Do You Go」は他のアルバム(「Getz At The Gate」など)に収録されています。よくわからないふわっとした曲だから期待しなくていいですけど。

ゲッツについては問題なく良い。音質が悪いためにロイ・ヘインズのドラムが気にならないのが怪我の功名かな。


よく考えてみると、このアルバムに収録されている3曲はほかにもいろいろなCDに入っているので、そちらを持っていればこのアルバムは不要なんですね。

 

レア・ライヴ

レア・ライヴ