スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

People Time: The Complete Recording

 f:id:torinko:20201103162158j:plain

この7枚組のアルバムが発表されたときは歓喜しました。これを「いかにも末期がん患者のダメライブ」と評したひとがいたけど、残念。人類の永遠の財産だと思います。ライブは1991年3月3日から6日までで、それぞれ2セット。 当初発表された2枚組にはほぼ3月5日の2セット目から4曲取り上げられ、その日は調子が良かった。ただし体調はすぐれず、最終日のライブをキャンセルしようと考えていたそう。

確かに当初発表された2枚組よりは出来がわるいことは否めない。特に「Night And Day」が顕著だと思った。でも90年代の1音1音に魂を込めるゲッツの演奏はどれだけあっても足りない。もっともっと発表・発掘されてほしい。ジャズファンの世界では、ベスト・フェイバリットをよく「無人島の1枚」などと言いますが、ボックスを1タイトルとして許されるなら私はこれを選びます。でもボックスを認めてしまうと「マイルス・デイヴィスCBSコンプリートボックス(CD71枚組)」というのもありになるから、ダメですね。

当初発表盤にあった「Gone With The Wind」はいかにも疲れていてライブの終わりの方、ケニー・バロンに頼んで自分のソロを後回しにしてもらったのはこれなのかな、と思っていたんだけど、このコンプリートを聴いてそのとおりだったことがわかりました。

当初発表盤にはないいろんな曲をやっているんだけど、なんと「Autumn Leaves」もやっているんですよ。50年代のルースト同様Cマイナーでやっているので、頑固というかなんなのか、とにかくかっこいいフレーズが出てきますけどそのままコピーしても普通はGマイナーで演奏されると思うのでセッションでは使えません。

さらに、過去の録音からは見つけられず(多分)このコンプリートボックスでしか演奏していない曲を挙げると、

「Allison's Walz」

「You Don't Know What Love Is」

「I Wish Your Love」

「The End Of Love Affair」

「Whisper Not」

「Bouncing With Bud」

などがあります。

ピアノとのデュオで「Bouncing With Bud」や「Con Alma」を取り上げるのが強引だなと思いますが、アルバート・デイリーとのデュオ「Poetry」では「Confirmation」とか「Tune Up」「A Night In Tunisia」など、さらにふさわしくない曲をやっていましたね。

People Time: The Complete Recording

People Time: The Complete Recording