スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live in London Vol.2

Vol. 2-Live in London

「Vol.1」でもいったとおり、録音バランスのわるさとピアニストのまずさが気になってしょうがない。ピアニストについて、日本語ライナーでは「個性が強い」という表現をしているが、そういうものではない。あまりのひどさに怒りすら感じる。

ピアニスト、スタン・トレーシーは少なくともこれまではジャズ以外のフィールドで活動してきた人なのだろう、ヘタクソではないがあまりにもジャズを甘く見すぎている。「ジャズ?あんなの簡単だよ」と言ってそうだ。彼のソロ(?)は、フレーズでもなんでもなく、単に不協和音にならないような音を単音で連ねたり和音としてガンガン鳴らしているだけ。構成もないし、フリーではないけどデタラメに近い。いや、けっこう不協和音になっている。意図的なのかもしれない。

例えていうなら、ジャズ要素をまったく消し去ったデイヴ・ブルーベックに上っ面だけのセロニアス・モンクの物まねをスパイスとして振りかけた感じといおうか。

 

と、全然アルバムの話になっていなかった。ここで聴かれる曲はゲイリー・バートン入りカルテット時代のレパートリーばかり。バートンがいないのが不思議な感じ。ゲッツは生涯最高速に近いテンポで「What Is This Thing Called Love?」を演奏している。ピアニストに対する怒りを表現しているのかなあ。ライナーには「気にいっている」なんて言ったと書いてあるけど、アメリカ人特有のリップサービスでしょ。この曲の冒頭のピアノを聴けば私の言っている意味、怒りがわかると思います。怖いもの見たさでぜひ聴いてほしいアルバム。

Vol. 2-Live in London

Vol. 2-Live in London

 

Stan Getz & Cool Sounds

Stan Getz & Cool Sounds (Spec Packaging)

5つのセッションから収録されている。最初の4曲は、使用音域が低く、まるでクール時代に逆戻りしたかのように淡々とした演奏。「of thee I sing」はただでさえパッとしないメロディに加えて3枚組ボックスのコンプリート盤に6テイクくらい入っていてウンザリしたこともあり、好きになれない。

 

ミディアムテンポの「love is here to stay」は3連を意識したフレーズ中心に、一般的なFではなくE♭で演奏されている。

 

5曲目の「flamingo」以降、がらっと印象が変わる。この「flamingo」はシュライン翌日スタジオ録音の1つ。どうりで名演だと思った。

そこから続くトニー・フルセラ参加のテイクは、やはりフルセラのはっきりしすぎたアーティキュレーションチェット・ベイカー風なプスプス音色が聴きもの。ゲッツは全然わるくないけどついフルセラに耳が行ってしまう。

 

全体的に散漫な印象を持つ人がいるかもしれないけど、個人的にはかなり好きなアルバム。ゲッツのいろんな表情が楽しめる。ジャケットは嫌いですけどねw

スタン・ゲッツ・アンド・ザ・クール・サウンズ

スタン・ゲッツ・アンド・ザ・クール・サウンズ

 

SCANDINAVIAN DAYS

STAN GETZ / スタン・ゲッツ / SCANDINAVIAN DAYS / スカンジナヴィアン・デイズ(SHM-CD)

オスカー・ペティフォードをフィーチャーとあるけど、3曲しか参加していませんw

 

全10曲中4曲は他のアルバムで聴ける。そもそもこの頃の欧州や北欧ツアーの録音はもう飽きた、という人もいるかもしれない。確かに「out of nowhere」を聴いていると「これどこかほかのアルバムにも入っていたはず」と思って棚を探してしまう。実際にはここだけなんだけど(多分)。

それでも「yesterdays」は50年代初期のボソボソでも80年代後半のミディアムでもないレアな解釈(そう顕著な違いはないですが)だし、ラスト3曲は北欧のゲッツ、エリック・ノールストロームによるそっくりさん大会が秀逸。彼の録音はいくつかあるけど、ゲッツに最も似ている録音がこのアルバム収録の3曲なのではないかな。

Scandinavian Days

Scandinavian Days