スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live From 1952 to 1955

Stan Getz: Live From 1952 to 1955

ブート音源を集めたアルバムで、フェイドアウトのテイクもたくさん。冒頭4曲はチェット・ベイカーとの「L.A. Get-together!」にも収録されているけど、パーソネル表記がまったく違う。どっちが正しいかは不明。

 

ゲッツ自身はもっとも好調な時期と言えるだろうか、力むことなく難しい曲でもたやすそうに演奏している。そういうところはゲッツの魅力の1つだろう。10曲目までは「Stan Getz plays」の録音時期を挟んで前後3か月頃の録音だしね。ケニー・クラークバディ・リッチとの共演も入っている。

 

最後にトニー・フルセラとのクインテット録音が入っているのはマニア垂涎かもしれないけど、フルセラってそんなにいいかなあ?いわゆる伝説的なトランぺッターだから、希少価値だけで高評価を得ている気がしないでもない。

 

それにしても、ジャズ批評にも書いてあったけど、このジャケット何のつもりなのでしょうね。

 

The brothers

Brothers

アルバムの前半7曲がゲッツ参加のテイク。ただし別テイクが3つあるので、実質的には4曲。

テナー奏者が、ゲッツのほかブリュー・ムーア、ズート・シムズ、アレン・イーガー、アル・コーンと、全部で5人もいる。これは何がなんだかわからないだろうという心配が予想されたのか、オリジナルアルバムのライナーにはソロオーダーが記載されていてちょっと安心。

ウディ・ハーマン楽団のフォーブラザーズは、ゲッツ、ズート、コーンとハービー・スチュアートだった。ここでは上記の5人で、一応クレジットは「ゲッツとヒズ・フォーブラザーズ」となっている。

 

SP時代で1曲が短いうえにソロイストがピアノも含めて6人いるので、ゲッツのソロも基本的には半コーラスか1コーラス。49年の録音だから、コーンも後年の特徴がなく、ズートはゲッツに似ている。ところがこうして同じ曲で聴き比べると確かに違う。というよりやはりゲッツが光っている、と考えるのはファンの贔屓目かな。

 

Brothers

Brothers

 

Spring is here

Spring Is Here

「the dolphin」と同時期の、姉妹作。演奏内容は当然良すぎるんだけど、選曲がバラード中心になっているのはいかにもアウトテイク寄せ集めアルバムか。それぞれの曲はどれも素晴らしいんですけどね。

 

とにかく、冒頭「How about you」が良い。ソロに入ってもベースの2ビートの刻みが続くところとかペダルで進むところとか、さすがベテランのモンティ・バドウィック。ビル・エヴァンスとの「Empathy」を聴いたときは全然ピンと来なかったけど。

2曲目「You're blase」は50年代に何度か吹き込んでいるバラード。1音引っ掛けて入るのもカッコいいし、エンディングのコード進行がまたゲッツらしくカッコいい。

ただ、このあと5曲あるんだけどスロー曲が4曲なんです。だからアルバム全体通して聴くと印象が薄くなるのかもしれないね。

 

Spring Is Here

Spring Is Here