スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Bob Brookmeyer & Friends

Bob Brookmeyer & Friends

なぜボブ・ブルックマイヤーのリーダーでこのメンバーを集めることができたのかと思ってしまう。ゲッツのほか、ゲイリー・バートンハービー・ハンコックエルビン・ジョーンズ、CD追加曲ではトニー・ベネットも。エルビンのドラムがやはり特徴的で、ブルックマイヤーと合っているのか微妙なところもある。ハンコックの存在感はあまりない。

 

やはりゲッツのポジションは他のミュージシャンよりも上で、かなりゲッツをフィーチャーした内容になっている。バートンのイントロがかっこいい1曲目に続いて、2曲目の「Misty」冒頭におけるゲッツのサブトーンは最高。トロンボーン用に、D♭でやっている。バラードはほかにも「Skylark」「 I've Grown Accustomed To Her Face」が入っていて、こちらもゲッツのすばらしい演奏が聴ける。

 

「Sometime Ago」は当然チック・コリアの方ではなく、ビル・エヴァンスが「You Must Believe in Spring」で演奏している美しいワルツの方。たぶんこの曲を好きな人は多いと思うから、これはうれしいんじゃないかな。エルビンのドラムがムード無視でジョン・コルトレーン・カルテットのときよりちょっと優しくなった程度なのが笑えるんだけど。そういえばこのアルバム、「A love supreme」と同じ年の録音だったかな。

 

Diz & Getz

Diz & Getz

このアルバムがゲッツとディジー・ガレスピーの初共演らしい。当時は「意外な組み合わせ」と評判になったそうだけど、このあと二人の共演はかなりあります。

 

1曲目「It don't mean a thing」を聴くと、「うう、ゲッツ若い!」と思う。とにかくはつらつとしている。続く「I let a song go out of my heart」への展開はかっこいい。

バラード「It's the talk of the town」は同じ曲だけどインタルードを挟んで、ノーマン・グランツお得意のバラードメドレー風になっているのが秀逸。続く「Impronptu」で、たった2コーラスだけ存在意義が不明なハーブ・エリスのソロが聴ける。

 

7曲目「One alone」を聴くと、ん?このテナー誰?と思う。そう、なぜか1曲ゲッツ不参加で、ゲッツ以外のテナーとのクインテット。スタジオ録音なのに音源が不足したのか。アール・モブレーとあるけど、プレイを聴く限りハンク・モブレーに似ている。

 

最後の「Siboney」はガレスピーをフィーチャーしたのが「1」、ゲッツをフィーチャーしたのが「2」として2つに分けて収録。と思いきや、「1」では完全カルテットなのに「2」では半分からガレスピーが参加。ゲッツのソロを増やせ!といいたいところだけど、この頃はガレスピーの方が人気があったのだろう。ということで、どちらかといえばこれは双頭リーダーというよりはガレスピーのリーダー作かな。ただ、バラードからアップテンポまで、とにかくゲッツの演奏はすばらしい。

 

最近のCDでは追加で1956年のライブも収録されている。うちゲッツ参加は2曲。リズムセクションはMJQで、これはメンバーから考えても「For musicians only」の追加にする方がふさわしいのかもしれない。

DIZ & GETZ + 6 BONUS TRACKS

DIZ & GETZ + 6 BONUS TRACKS

 

Sweetie Pie

Stan Getz - Sweetie Pie 52-70

貴重な音源が詰まったコンピアルバム。冒頭「Sweetie Pie」は前半はルーストのスタジオ録音そのままで、フレーズも使い回しなんだけど、ゲッツがやたらと長くソロをとっていて、後半は聴いたことのない(あたりまえなんだけど)フレーズが登場、けっこうおもしろい。

それから2曲目「Ornithology」、とにかく音質がおかしくて、ゲッツの音色がまったくゲッツに聴こえない。別人に聴こえる。それでもときおり出てくるゲッツフレーズ、ゲッツの音色じゃないのにゲッツフレーズということで違和感があり、すごく楽しめる。おかしな楽しみ方ですね。

 

チェット・ベイカーとのカルテットの3曲はディスコグラフィーではヘイグのライブ音源と収録日が違うことになっているけど、聴いてみると同じだということが分かる。

Cherokee」はほぼまったくベースが聴こえない。スコット・ラファロとのライブ録音よりも聴こえない。そういう意味ではベースレスのゲッツが楽しめる・・・いや、楽しくないです。

 

しかしこのアルバムの最大のポイントは日本でのコンサートが収録されているところ。「Waltz For A Lovely Wife」がそれ。ジャズ批評では「これを聴く限りでは手抜きかどうかわからない」と書かれているけど、前半ヴァイヴとベースにソロをとらせてそのあとお茶をにごす程度にソロをとっているのは、やはり手抜きではないのかなと思う。

 

Windows」は音質がわるいながらもゲッツがかなりアグレッシブに演奏していて、いい感じ・・・ただこの曲、「Windows」でなく「Grand father's waltz」なんですけどね!

Sweetie Pie

Sweetie Pie