スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Spring Is Here

f:id:torinko:20201103155033j:plain

The Dolphin」と同時期のライブで、姉妹作と言えます。「The Dolphin」はリアルタイムで発表されたけど、こっちはゲッツの死後の発表作。演奏内容は当然良すぎるんだけど、選曲がバラード中心になっているのはいかにもアウトテイク寄せ集めアルバムか。それぞれの曲はどれも素晴らしいんですけどね。でも、ゲッツの80年代の幕開けであり、「The Dolphin」とセットでのマストアイテムです。美しさは半端ない。

 

とにかく、冒頭「How About You」が良い。ソロに入ってペダルで進むところとか、普通ならすぐに4つ刻み始めるところをベースが2ビートの刻みで続けるところとか、さすがベテランのモンティ・バドウィック。ビル・エヴァンスとの「Empathy」を聴いたときは全然ピンと来なかったけど。それと1番最初のコードを少し変えているのが効果的。それと、いつも職人技が光るヴィクター・ルイスも好演。技術はあるのに技術を要しないプレイをすることが多く、その叩き方はゲッツのサポートに最も適したドラマーかとも思います。テーマに戻る直前のハイハットなんか最高です。

2曲目「You're Blase」は50年代に何度か吹き込んでいるバラード。1音引っ掛けて、ためて入るのがカッコいい。この、引っ掛けのあとのタメの瞬間がたまらない。エンディングのコード進行がまたゲッツらしくカッコいい。バラードの名手は何人かいますが、ゲッツも明らかにトップクラス。

ただ、このあとまだ5曲あるんだけどスロー曲やミディアムスロー曲が4曲なんです。「Easy Living」「Sweet Lorraine」1曲挟んで「I'm Old Fashioned」「Spring Is Here」。だからアルバム全体通して聴くと印象が薄くなるのかもしれないね。どれもこれも名演なのに惜しい。「The Dolphin」と合わせて考えると、13曲中8曲がスローまたはミディアムスローというのもけっこう意外。

 

ちなみに1952年の「Stan Getz Plays」は11曲中6曲がバラードで、CDでは4曲連続、レコードでも3曲連続でスローが来るのに、まったく飽きないのはなぜなのかな。

スローでない「Old Devil Moon」は、とにかくかっこいい。ラテンリズムのまま結構ゲッツのソロが続いて、ようやくスイングになるところ、ここでのゲッツの切り替え再スタートのようなクロマチックのフレーズがまた良い。気にしてないとどうでもいいフレーズなんだけど、実はセンスの塊。私も真似して吹いています。これも、ソロに入ったからといってすぐにはリズムパターンを変えず、ゲッツのソロがもう少し続いてから変えるという、「How About You」のような工夫があり、それがとにかくベテラン揃いの名人芸を感じさせる。

 それから「I'm Old Fashioned」がいいですね。ジャズファンにとってはジョン・コルトレーンによる演奏が有名かも。「私は時代遅れ」という甘い歌詞の曲で、決してドーナツの歌ではありません。非常に美しい旋律を持ったスタンダードですが、「Quintessence, Vol. 1」でチェット・ベイカーの歌伴、「Mad about the boy」ではシビル・シェパードの歌伴で録音しています。この歌伴2つもかなりいいので、ぜひ聴いてもらいたい。

Spring Is Here

Spring Is Here