スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Birdland days

STAN GETZ / スタン・ゲッツ / BIRDLAND DAYS

下の「Move!」と同じ音源、ただし曲数が少し足りない。

このころのゲッツは超人的なライブをしていたのが、ほかのアルバムでもよくわかる。速い曲を数多く演奏しているのに、同年の「Stan Getz plays」はバラード中心。レパートリーの傾向がおもしろい。

気にいったエンディングパターンを生涯変えないのがゲッツの特徴で、ここでは同時期ではあるけど2つの「yesterdays」が同じパターンで終わるのが聴ける。まったく同時期の同じくバードランドライブ録音でフレッシュサウンド盤もある。そちらも文句なし。50年代のライブは録音の悪さも魅力の1つ。