スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Timeless /Diane Schuur

f:id:torinko:20201103173512j:plain

ゲッツは1979年のモンタレー・ジャズフェスティバルで初めてダイアン・シューアを聴いて圧倒され、その場で支援していくことを申し出たそうです。

さて、そのシューアの歌伴としてゲッツは3枚のアルバムに参加してます。死後のオーバーダブのものを入れれば4枚になりますが。そのうちの1枚がこのアルバム。ゲッツが2曲参加して、完璧なまでにシューアをサポート。

まずは「How long has this been going on」、歌詞の内容にも合った幻想的なアレンジとゲッツのソロの入り方が最高。ゲッツはイントロから全般的にオブリガートをつけて、シューアを引き立てる。こういうストリングス(シンセ?)入りのジャズボーカルもいいですよね。後半、シューアのフェイクしたメロディを拾ってそのままオブリガートにつなげるところがあって、それがまたかっこいい。さすが歌伴の名人。でも「ゲッツは歌伴がうまい」と言っている人で70年代以降やこの80年代の録音を聴いている人が何人いるんだろう。多くのジャズファンが60年代までのゲッツしか聴いてないという事実があります。

さて、それからもう1曲は、ゲッツが「The Dolphin」でも演奏していた「A time for love」。私はこの曲の持つ独特の雰囲気が大好きです。ゲッツによるイントロのあと、「あれ?少しはずしたの?」という感じでシューアが入る。間奏におけるソロは短いけど、こちらも5分以上の曲でけっこう全体的にからんでいてゲッツ参加トラックとしては満足。これで終わりかと思っていたら最後の最後にゲッツが音を鳴らすのがかっこいいです。

タイムレス

タイムレス

  • アーティスト: ダイアン・シューア,ジェラルド・ヴィンチ,スタン・ゲッツ,オッサ・ドロリ,アーノルド・ベルニック,ブルース・ドゥコフ,ヘンリー・ファーバー,レッグ・ヒル
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/07/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る