スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

The Be Bop Era

f:id:torinko:20201103155232j:plain

ビバップの記録が収録されていて、ゲッツの録音ということを抜きにしても楽しめるアルバム、ジャズファンなら。面白さよりも貴重な記録という意義の方が大きいから。

1950年のメトロノームオールスターズの録音。「Double Date」「No Figs」の2曲でゲッツが聴かれる。メンバーはマックス・ローチレニー・トリスターノ、カイ・ウインディング、バディ・デフランコリー・コニッツ、サージ・チャロフ、ビリー・バウアーなど。さらにディスコグラフィーにはディジー・ガレスピーの名前もあるけど、「No Figs」の方ではソロどころかアンサンブルからもトランペットの音色が聴こえない。「No Figs」はトリスターノの曲、曲想もアレンジも完全にトリスターノ色で、本当はクール派でもなんでもない、単に「スタン・ゲッツ」派であるだけのゲッツが、真のクール派に入るとこうなるのか、と興味深い。

 

リー・コニッツとサージ・チャロフとの、アルト、テナー、バリトンという編成はソロ回しで聴くと面白い。トリスターノのピアノはいかにも彼らしく、すぐにわかる。ゲッツはすでに自己のスタイルを確立していて、やはり際立っている、と言いたいところだけど、オールスタークラスのメンバー、みんなすごいです。