スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live 1956 & 1957 /Manne-Getz-Zoot

Live 1956 & 1957

全19トラックのうちゲッツ名義で10曲なので、じゅうぶんお得かと思いきや・・・うち5曲は単なるナレーション。それでも14トラック中7曲ゲッツということで割合的には満足。もっともこれらの情報は買ってみないとわからないんだけど。

 

ところが今度は、うち1曲がゲッツをはずしたピアノトリオ演奏。ゲッツは結局6曲か。モーズ・アリソンのピアノは左手のプレイが嫌いなんだけどなあ。

とはいってもゲッツは余裕のあるいい演奏。この時代の「Little girl blue」は珍しいし「Lover come back to me」は52年のとんでもないアップテンポとは違い適度なスピードで約5分ずっと吹きまくる。

 

これはラジオ用の録音らしい。イギリス盤なんだけど、イギリスだからなのか楽器表示が特殊です。テナー「ten」ピアノ「pno」はわかるけど、ベース「bs」これじゃバリトンサックス、アルト「alt」これじゃ別テイク。

それと、ゲッツとは関係ないけど、40年代にはあれほどゲッツとそっくりだったズート・シムズが、この56年の録音ではすっかりズートらしい個性を確立してるのがおもしろい。

 

Live 1956 & 1957

Live 1956 & 1957