スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Stan Getz And The Oscar Peterson Trio

A f:id:torinko:20201103154918j:plain

オスカー・ピーターソンのトリオはエド・シグペン参加以降の方が好きなので、このドラムレストリオとの共演はまったく期待していなかった。ところが、大間違い。とんでもなくスイングするのだ。ゲッツも名フレーズの洪水。生涯のベストの1枚といっても過言ではない。

 

モカンボ・セッションでもおなじみの「I Want To Be Happy」からぐいぐいと引っ張る、それをピーターソンが受けて飛ばしまくる。好みを別にすれば、これこそゲッツの最高のソロなのではないかな。

ストーリーヴィルで奇跡的名演をした「Pennies From Heaven」も、やや落ち着きながら絶妙なソロをとる。バラードメドレーはゲッツの番が2回あるのがうれしい。

またまたゲッツ名義「Tour's End」は、テーマなしの「Sweet Geogia Brown」で、作曲ではないw ラストの「Bronx Blues」もゲッツ作曲となっているけどリフはないし、何よりいきなりハーブ・エリスお得意の、どブルースが始まるわけで、これは単にエリス主導でブルースを演奏して、ゲッツ名義でタイトルをつけただけでしょう。

 

CDでは4曲追加なんだけど、これがどれも落とせない、レコード収録曲と遜色がない。どうせだったら「at the shrine」のようにもう少し録音して2枚組にすればよかったのに。ドラムレスのリズムセクションはすでにあまり聴かれない時代だったかもしれないし、やはり少し古臭いのだけど、これは相当の傑作です。

Stan Getz & the Oscar Peterson Trio

Stan Getz & the Oscar Peterson Trio