スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Deedles /Diane Schuur

f:id:torinko:20201103143821j:plain

ゲッツは2曲参加している。

「I'm Just Foolin' Myself」、まずピアノのイントロがかっこいい。そして80年代ゲッツ特有の落ち着いたクリアな音色と歌い回しで、しっかり伴奏をする。GRPだけあって、録音も良い分、ゲッツが素晴らしく聴こえる。小粋でしゃれたサウンドは、この80年代~90年代のコンテンポラリージャズ特有の雰囲気。それもそのはず、キーボードとピアノにはデイブ&ドン・グルーシンが参加してます。

 そしてなんと、ビリー・ジョエルの「New York State Of Mind」。この曲、一時期いろんなジャズボーカリストが歌っていて食傷気味になったんだけど、やはりゲッツの演奏は素晴らしい。ギターを入れた、ジャズというよりポップスのバックバンドで、当然こちらもキーボード類はグルーシン兄弟。まあGRPだから当然か。歌が終わってからゲッツが堂々と登場。ジャズもポップス系もうまい。フュージョンサックスのように「泣き」でないとこういうサウンドには合わないと勘違いしている人は多いけど、ゲッツを聴けば意識が変わるんじゃないかな。

「ゲッツは歌伴がうまい」というひとは、実は60年代のアストラッド・ジルベルトの伴奏くらいしか聴いたことがなかったりする。ましてや80年代の歌伴を知らない人は多い。

ダイアン・シューアのアルバムにはけっこう参加しているけど、評伝にシューアのデビューを応援していたことが書かれています。

 

Deedles               /Grp

Deedles /Grp