スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Not So Long Ago

 f:id:torinko:20201103172434j:plain

90年12月のライブの発掘音源。80年以降、死期が近づくにつれてソロが心にせまるようになっている中の、貴重な録音です。

残念なことに発掘ものだけあって音質は良くない。バラード録音ではサーというノイズが顕著。せっかくジョン・パティトゥッチが参加しているのにベースの音量が小さい。ちなみにパティトゥッチとはポップスの歌伴(「Language Of Life /Everything But The Girl」にて1曲だけ)同じく1990年に共演しています。

と、不満はあるけど、ゲッツの演奏は当然良い。50年代のような演奏を求めているわけではないので、「指が速く動かない時期」とか言われても、1曲目「I Love You」を聴くかぎりまったく気にならない。「There Is No Greater Love」も快調にこなす。確かに最後の「'Round About Midnight」は疲れたのか若干ヨレていてあっという間に終わってしまうけど。

びっくりしたのが「Lush Life」。やってることは70年代のほかのテイクと変わらないんだけど、正直「まだこの曲やってたのか」という感想。てっきり「毎度おなじみゲッツの定番ストレイホーン曲」は80年代以降「Blood Count」にチェンジしたと思っていたから。

ここで共演しているフランク・ストラッツェリというピアニストは、ゲッツがこの頃にふと気に入ったピアニストだそうで、本人を自宅に呼んでオリジナル曲の楽譜をもらったとのこと。この12月のライブのときにはいつものケニー・バロンやルー・レヴィがカリフォルニアに来られなかったのでこのストラッツェリを使ったようです。本人いわく、ここに収録されている「So Long Ago」は自分の作品の中でゲッツが一番気に入ったものなのだそうですけど・・・名曲とは言い難いですね。

それにしてもこのアルバムタイトル、ふざけているというか秀逸というか。収録されている「So Long Ago」からとっていますが、「Not」を付けて「そんなに昔というわけじゃない」としています。録音が1990年、発表が2014年。24年経過していますが、ゲッツファンにしてみれば亡くなった90年代はつい最近の出来事。たしかにそんなに昔の話じゃない、そういう意味なのだと思います。

ナット・ソー・ロング・アゴー

ナット・ソー・ロング・アゴー