スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

At Carnegie Hall

Stan_Getz_Quintet___1949_52___At_Carnegie_Hall__Fresh_Sounds_

前半は「Stan Getz plays」のメンバーでルースト時代のレパートリーなどを演奏していて、ちょっと不思議な感じ。1曲目「There Will Never Be Another You」でのゲッツは淡々としつつもエキサイティング。それなのに続くジミー・レイニーのソロがひどすぎる。そんなに弾かなくてもいいんだよ、と言いたい。「Strike up the band」でのクリスマスソング引用フレーズが季節的に大丈夫かなと思ったら、録音は11月14日。まあOKでしょう。

Chreokee」とあるのは当然ながら「Parker 51」です。「Chreokee」のリフが聴けるのかと期待したんだけど。

 

後半1949年のライブはいつものダサい「Always」から。原曲を好きなだけに、これはないなあといつも思う。

Long Island Sound」は短いながらもゲッツがガンガン吹きまくる。そういえばこの曲は誰の作曲なんだろう。これはゲッツだと言われてもそう思える。

ちなみにこっちは12月24日の録音。クリスマスソングの引用はないけど。

 

At Carnegie Hall

At Carnegie Hall