スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live in Stockholm 1978

 

Live in Stockholm 1978

同内容の映像作品も出ているけど、音楽に集中するならCDの方がいい。映像を見ることで、なんともいえないシチュエーションでのライブだということはわかりますが。

 

冒頭2曲は現地のミュージシャンの作品で、ゲッツの演奏としてはたぶんこのアルバムでしか聴けないと思います。このアルバム、音質はそんなに良くないですがベースがしっかり聴こえるのがいいところ。スコット・ラファロとの共演盤は肝心のベースが全然聴こえない・・・。ベーシストが地味ながらもいい演奏をしていて、全体的に快適な内容に仕上がっています。

 

「Round midnight」はゲッツがバッチリとソロをとっていて、50年代初頭のギター入りクインテットでの演奏にストレスを感じていた人には納得できる内容なんじゃないかな。

 

全体的にいいアルバムだと思いますが、映像作品が先に発表されてそれをそのまま音源にしたようで、アンコールの拍手が延々と続くところはカットしてほしかったです。

 

Live in Stockholm 1978

Live in Stockholm 1978