スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Billie Holiday at Storyville

はっきりいってビリー・ホリデイは好きではない。それに加えて、これは私の知っているジャズの歌伴ではないので、好きになれない。

それでも、ゲッツによるホリデイの歌伴というと、レア度というか意外度は高いよね。

 

ゲッツ参加曲は2曲、どちらもホリデイが歌っているバックでゲッツが延々と好き勝手吹いているという感じ。しっかりしたソロスペースを与えられるわけでもなく、なんなのかなあ、これ。ホリデイが好きな人にはいいのだろうけど。

 

At Storyville-Remastered

At Storyville-Remastered

 

Midnight Sun /Herb Alpert

Midnight Sun

ゲッツとは大親友だったというハーブ・アルパート。日本では「ハープ・アルバート」と間違われることが多い。

ゲッツが1曲「Friends」に参加。ゲッツの優しい音色をそのまま曲にしたかのようなスローな名曲。アルパートのミュートによるイントロからゲッツがふんわりと出てくるところでガツンとやられる。まさにゲッツのために書き下ろされたんじゃないかと思うくらいにぴったりマッチしているんだけど、実際はどうなのかな。

当時の感覚でスタンダードを解釈したというアルバムで、ゲッツ不参加のトラックもムーディ、これはけっこうお薦めのアルバムです。いえ、でも実際ゲッツの1曲だけでも「買い」ですよ。

 

Midnight Sun

Midnight Sun

 

Birdland days

STAN GETZ / スタン・ゲッツ / BIRDLAND DAYS

下の「Move!」と同じ音源、ただし曲数が少し足りない。

このころのゲッツは超人的なライブをしていたのが、ほかのアルバムでもよくわかる。速い曲を数多く演奏しているのに、同年の「Stan Getz plays」はバラード中心。レパートリーの傾向がおもしろい。

気にいったエンディングパターンを生涯変えないのがゲッツの特徴で、ここでは同時期ではあるけど2つの「yesterdays」が同じパターンで終わるのが聴ける。まったく同時期の同じくバードランドライブ録音でフレッシュサウンド盤もある。そちらも文句なし。50年代のライブは録音の悪さも魅力の1つ。