スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Complete Savoy Recordings

Complete Savoy Recordings

1945,年、1946年そして1949年の録音が収録されている。「Teenage Stan」の2枚で聴ける曲も多いけど、こちらは別テイクがたっぷり。

 

冒頭「opus de bop」を聴いた瞬間、誰もが「誰だ、お前?」と思う。それほど後年のゲッツらしくない。それもそのはず、この頃のマウスピースはオットーリンクのメタル。ジャケットのイラストのもとになった写真(他のCDのジャケットにも使用されてるけど)のアップが内側に拡大して掲載されている。まあ、ゲッツらしくないのは事実だけど、10代なのにとにかく上手。

「And the angels swing」(そして天使はスイングする)というロマンティックな題名の曲が目につくけど、マイナーのどうってことない、どっちかというと暗い駄曲です。「The Benny Goodman story」にも「And The Angels Sing」という曲が入っていたよね。

 1949年の録音はすでにゲッツの音色に。「slow」はそんなに遅くない曲。続く「fast」はイントロが3拍のフレーズで始まるから一瞬「遅い曲じゃん!」と思いきや、すぐにドラムがアップテンポを刻み始めます。

 

Complete Savoy Recordings

Complete Savoy Recordings