読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

People time

 

People Time

なんだかんだいっても、私が一番好きなゲッツのアルバムがこれです。「ベースとドラムがいないなんてジャズじゃない」という評価も耳にしますけど。ラストレコーディングということに思いをはせると、聴くたびに涙が出てくる、そういうアルバムです。

 

スタンダードが中心なので買うときはまったく期待していなかったのに、いざ聴いてみると、こんなにすばらしいジャズはないと思えるほどの美しさ。冒頭の「East of the sun」の最初のフレーズからノックアウトされます。そして「Night and day」。50年代の録音とはまったく違うアプローチで、アッパーストラクチャーを連発したフレーズがすばらしい。それから「Gone with the wind」でのソロ冒頭ストックフレーズ、これは昔からゲッツが吹いていたお決まりのフレーズなんだけど、このラストレコーディングが一番はまっています。この演奏のために今まで練習してきたんじゃないかと思えるほど。ちなみに「I remember criford」のカデンツァのメロディも50年代から吹いているストックですけど。

「First song」が評価されているけど、ゲッツファンとしてはこの曲が一番つまらないといえるほど他の曲が良いのです。「People time」は多くの録音が残っているけど、このアルバムでのテイクが最高かな。

指が速く動かない時期の録音ですが、その分フレーズのおもしろさは格別です。ジャズは年齢がものをいう、ということがよくわかるアルバムです。

 

ちなみにブックレットの写真に、どうやらリードをばらまいているようなものがある。よくわからないんだけどバンドーレンのようにも見えるんだよね。ゲッツがどんなリードを使用していたか気になるところ。

 

 

People Time

People Time