スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Newport In New York '72

f:id:torinko:20201103135109j:plain


いろんなジャケットがあるようですが、私の持っているバージョンは下のこれです。

 

f:id:torinko:20201103135131j:plain



72年のニューポートジャズフェスティバルの録音で、CD3枚組。もとはLP5枚だったのかな(6枚?)。とにかくすごいメンバー。ゲッツのほか、ディジー・ガレスピークラーク・テリー、ハリー・エディソン、ソニー・スティットジェリー・マリガンデクスター・ゴードンズート・シムズローランド・カークイリノイ・ジャケーミルト・ジャクソンハービー・ハンコック、ジャキ・バイアード、ジミー・スミス、チャールス・ミンガス、アート・ブレイキーマックス・ローチエルビン・ジョーンズ、トニー・ウイリアムス、ゲイリー・バートンナット・アダレイケニー・バレルB.B.キングなどなど。当然全員が一堂に会して共演しているわけではないけど。ヤンキースタジアムでの演奏もあり、この頃はそんなに人が集まったんだなあと驚きます。ちなみにこのアルバムの最大の聴きどころはやはりローランド・カークの「Impressions」です。伝説のモントルーと同じ1972年ですし。カークは、総合的に判断するとジャズ史上最も「上手い」テナー奏者だと思いますね。

 

ゲッツは「Bags' Groove」と「A Night In Tunisia」に参加。でも「Bags' Groove」がどうも淡々とした演奏に聴こえるのは私だけでしょうか。ゲッツの音色でフレーズもばっちりで、後半少しワイルドになって、文句なしと言えばそうなんですけど、テンポがどっちつがずで、リズムセクションがちょっとおとなしいのかな。いえ、ローチの手数は多いのですけど、これもまたなんとなくそういう印象。ミルト・ジャクソンもなんだか「らしくない」プレイに聴こえます。余裕がありすぎるのかもしれない。しかしジョン・ブレアなるヴァイオリニストが、ほとんどマハヴィシュヌ・オーケストラのジェリー・グッドマンばりの演奏をして、聴衆を沸かせます。

「A Night In Tunisia」でのゲッツは、「West Coast Jazz」とは違うアプローチだなと思っていたら、その「West Coast Jazz」収録のテイクと同じフレーズを8小節も吹いて、その後は攻め手を欠いたようなフレーズに終始してしまう。とはいえ絶対的に劣っているというわけではなく、個人的には好きな演奏です。

ゲッツ参加は2曲だけですが、ほかの収録曲もかなりおもしろく、例えばオルガンのジミー・スミスゲイリー・バートンの共演にドラムはアート・ブレイキーとか、ローランド・カークハービー・ハンコックの共演とかもあったりして、このアルバムは買って損はありません。