スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Diz & Getz

f:id:torinko:20201103161407j:plain

このアルバムがゲッツとディジー・ガレスピーの初共演らしい。当時は「意外な組み合わせ」と評判になったそうだけど、このあと二人の共演はかなりあります。

 

とにかくすごい勢い。1曲目「It don't mean a thing」を聴くと、「うう、ゲッツ若い!」と思う。ゲッツの演奏の中で最高速の1つ。よく言われる「火の出るような演奏」とはこういうのを言うのだと断言してよい。先行するガレスピーがゲッツに火をつけたのがよくわかる。はつらつとしたプレイ。ゲッツからオスカー・ピーターソンに回り、当然ピーターソンもこういうのは大得意、ドライブ感のあるソロを聴かせる。テーマに戻らないエンディングはアレンジ通りなのか、収拾がつかなくなっのか。

続くエリントンの「I let a song go out of my heart」への展開はかっこいい。1曲目であれだけかっ飛ばしたあとで、ミディアムテンポになるのはすごく落ち着きますね。スローでないのが良い。ソロにおけるゲッツの音色が最高。

4曲目のバラード「It's the talk of the town」は、ガレスピーのソロとゲッツのソロの間にインタルードを挟んで、ノーマン・グランツお得意のバラードメドレー風になっているのが秀逸。このアレンジは誰のアイデアなのか、ムーディーですごく良いですよ。

続く「Impronptu」では、たった2コーラスだけ、存在意義が不明なハーブ・エリスのソロが聴ける。そうそう、リズムセクションはピーターソンのほか、エリス、レイ・ブラウンマックス・ローチ。当時のピーターソンのドラムレストリオにローチを加えたものなのです。はっきり言ってギターはまったくいなくていいんだけど、ノーマン・グランツがここでエリスはいらないとは言えなかったのでしょう。

 

7曲目「One alone」を聴くと、ん?このテナー誰?と思う。そう、なぜか1曲ゲッツ不参加で、ゲッツ以外のテナーとのクインテット。スタジオ録音なのに音源が不足したのか。アール・モブレーとあるけど、プレイを聴く限りハンク・モブレーに似ている。

 

最後の「Siboney」はガレスピーをフィーチャーしたのが「1」、ゲッツをフィーチャーしたのが「2」として2つに分けて収録。と思いきや、「1」では完全カルテットなのに「2」では半分からガレスピーが参加。2人は同格だと思ったのにちょっと不公平。ゲッツのソロを増やせ!といいたいところだけど、この頃はガレスピーの方が人気があったのだろう。ということで、どちらかといえばこれは双頭リーダーというよりはガレスピーのリーダー作かな。ただ、バラードからアップテンポまで、とにかくゲッツの演奏はすばらしい。

 

最近のCDでは追加で1956年10月11日のライブも収録されている。メンバーはゲッツ、ガレスピーのほか、ソニー・スティットリズムセクションはMJQで、うちゲッツ参加は「Groovin' High」「We'll Be Together Again」「Shaw 'Nuff」の3曲。これはメンバーから考えても「For musicians only」のボーナス・トラックにする方がふさわしいのかもしれない。だってそっちはフロントの3人とピアノが同じメンバーで1956年10月16日の録音、ほぼ同じセッションでしょ。なぜ1953年のこっちのアルバムに追加収録するのかな。

DIZ & GETZ + 6 BONUS TRACKS

DIZ & GETZ + 6 BONUS TRACKS