スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Language of Life /Everything But The Girl

ランゲージ・オヴ・ライフ

ポップスへの客演。これがバカにできないくらい良いんですよ。少し切ない曲想にゲッツがからむ。ソロスペースを与えられているわけではないけれど、最初から最後まで適度にからんで、じゅうぶんゲッツを堪能できます。ベースはジョン・パティトゥッチ、ドラムはオマー・ハキムって、すごいね。

ちなみにこのアルバム、曲によってマイケル・ブレッカーも参加している。マイケルファンには有名らしいんだけど、ゲッツファンなら当然「ふむ、やっぱりゲッツの勝ちだね」と言いましょう。

この1曲だけで「買い」ですよ。

 

Language of Life

Language of Life