スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Norman Granz Jam Session 4

f:id:torinko:20201103164754j:plain

ノーマン・グランツジャムセッションシリーズ。全9アルバムのうち#3と#4がゲッツ参加。

このジャムセッションシリーズはいつもすごいメンバーを集めていて、こちらはカウント・ベイシーのオルガン演奏も聴かれる。#3ではピアノを弾いていました。その他、ハリー・エディソン、バディ・デフランコ、ベニー・カーター、ウィリー・スミス(あのライオネル・ハンプトンの「Stardust」でテーマを吹いていた人です)、ワーデル・グレイバディ・リッチなど。ソロはないけどやっぱりフレディ・グリーンも。

 

「Oh, Lady, Be Good!」はゲッツがガンガン攻めまくる。「Norman Granz jam session 3」と同様、いまいちゲッツがゲッツらしくないところがあるものの、ソロも長めで、続くワーデル・グレイを圧倒しているように思える。

 

ところがレコードB面の「Blues For The Count」になると逆になってしまう。バップを体現したグレイの素晴らしいブルースのあとに登場するゲッツは、フレーズもひらめきがなく、何よりブルースに乗り切れていない、迷いのあるフレーズ。調子がわるかったのがよくわかる。これ以前以後のゲッツのブルースは素晴らしい録音が残っているので、単にこのときだけ調子が悪かったのだということはわかるけど。グレイが素晴らしすぎて、余計にゲッツの不調が伝わってくる。

 

ノーマン・グランツ・ジャム・セッション#4(紙ジャケット仕様)

ノーマン・グランツ・ジャム・セッション#4(紙ジャケット仕様)