スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

With European Friends

f:id:torinko:20201103134520j:plain

 

ブートレグの1つではあるものの、演奏内容はすばらしい。欧州時代のゲッツは手抜きがなかったと言えるかも。
このころの欧州セッションでは、ゲッツはストップタイムが好きでけっこうやっている。このアルバムも1曲目2曲目と連続してストップタイムがある。ゲッツの好みというより、欧州のミュージシャンの間で流行っていたのかな?

全8曲、前半の6曲は50年代の録音で、「'Round Midnight In Paris」と同じ音源。「They All Fall In Love」ってクレジットされている曲は「A Ghost Of A Chance」でしょ。ディスコグラフィーでは別の曲ということになっていたりするけど。

あの「Dear Old Stolkholm」はゲッツ初演と違い、あとからマイルス・デイヴィスなどが付け加えた例のリフがある!少なくとも生前発表された公式録音の範囲では、ゲッツはこの曲がジャズのスタンダード化してからもこういうジャズ的後付けリフをやっていなかったので、これは実は意外なことかと思います。

 

残りの最後の2曲は、「Live In Loosdrecht 1971」に収録されているものと同じ音源。録音日は違うと記載されているけどね。つまり、このCD発売当時と違い、今ではこのアルバムの音源はすべて他のCDで聴けるんですね。

With european friends

With european friends