スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Stan Getz & Bill Evans

f:id:torinko:20201103135438j:plain

 

素晴らしい顔合わせだけど、不思議と謎だらけのアルバム。個人的には好きですけど。

「謎:なぜゲッツのジャケット写真がこんなにかっこわるいのか」

ジャケットのゲッツの写真がぼけているしかっこわるいよね。ビル・エヴァンスの方はバッチリカッコいいのに。

「謎:なぜこのメンバーなのか」

ゲッツ、エヴァンスのほかはロン・カーターエルヴィン・ジョーンズリズムセクション。エルヴィンなんてジョン・コルトレーンのレギュラーバンドでかなりブイブイ言わせている時期なのにね、よく選んだものだなあ。この2人が合ってるのか合っていないのかよくわからないけど、全体的には2人のリーダーがいい作品に仕上げている。

「謎:「Night and day」での8バース」

「Night and day」はゲッツの他の録音とは感じが違うけど、2人のリリカルの応酬が非常にすばらしい。特にエヴァンスがいいプレイをしているんだけど、後半、カーターとエルヴィンの8小節交換がある。これが意味不明。エルヴィンが8小節ドラムソロをすると、無伴奏でカーターのウォーキングソロ。カーターのソロはいただけない。単に音を出しているだけ。無伴奏はきついと思ったか、次のチェンジではエルヴィンはドラムによる伴奏をつけている。別テイクを聴くと無伴奏部分はないから、単に忘れただけ?それにしてもこの8バース、かなりきついですよ。痛々しい。なんでこんなのやったんだろう。

「謎:なぜこのキーか」

「But Beautiful」は、ゲッツにとってはF#メジャーというやたらと難しいキーで演奏している。転調はするけど、また戻るし。たまにこういうことをするゲッツ。

「謎:ちょっとエヴァンスの意図がわからない「My heart stood still」」

「My heart stood still」で、エヴァンスのソロの1コーラス目でほとんど音を出さない。じゃあベースのウォーキングソロなのかというとどうもそうでもない。コーラスの終わりの方でポロポロと弾き始めるのが、次のコーラスでも続いて、いつの間にかピアノソロになっている。交代の切れ目もよくわからない。クスリでおかしくなっていたのかとも思うけど、別テイクも同じようなよくわからないことをしているから、意図的であることだけはわかるけど、意図がわからない。

それと、ゲッツの手癖が気になる「Funkallero」。もう同じフレーズを何回も何回も、かなり気になるなあと思って回数を数えてみたら、なんとたった4回でした。そう思うと対して気にならなくなるから不思議。

 

と、謎をいくつかあげました。あまり有名でないバラード「Melinda」は素敵。少し某スタンダードに似ているフランク・ロッサーの曲、すごく名曲なんですけどほかの録音を知らない。どうして誰もやらないんだろう。

 

別テイクがたくさん入ったCDだけど、このときのセッションのさらに別のテイクが「The Complete Bill Evans on Verve」に入っている。ただ、これらは断片的なテイクで、あえて聴く必要はないです。一度聴けばもうたくさん。一緒に収録されている「Dark eyes」も断片的。ただ、コンプリーターを目指すなら必要ですね。ボックスセットにしか収録されていないからお金がかかるんだけどね。

 

スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス+5

スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス+5