スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

A Song After Sundown

A Song After Sundown: Stan Getz with Arthur Fiedler at Tanglewood

内容は下の「Stan Getz & Arthur Fielder at Tanglewood」と同じです。曲順は「A song after sundown」の方がいいと思います。だって「Stan Getz & Arthur Fielder at Tanglewood」はテンポが快適な曲を前半に集めて、あとはスローが連続するという構成になっているので。

ボストンポップオーケストラとの共演で、一応リズムセクションは参加しているもののゆったりとした曲が中心。ジャズっぽい曲は2曲。ゲッツの音色とオーケストラとの共演を楽しめるものの、これをジャズとして聴くことはなかなか困難かも。どういう趣旨でのライブだったんだろう。ゲッツファンが行ってもイマイチ楽しめないだろうし。ボサノヴァ以降の試行錯誤の一環だったのかもしれない。それでも、ゲイリー・バートンジム・ホール、スティーブ・スワロウ、ロイ・ヘインズというリズムセクションの面々は豪華。だからこそリズムセクションがほとんど出てこないのがもどかしい。

 

Song After Sundown

Song After Sundown