スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Communications 72

とにかくすごいアルバム。言い尽くせない。ジャケットはよく見るとピアニストとサックス奏者ということがわかるけど、なんなのかな、芸術的というか。ミシェル・ルグランのオーケストラということで何かを期待すると想像を絶するほど裏切られます。

まずアルバム冒頭、ゲッツのアドリブフレーズ(だと思われる)に、微妙にユニゾンシャバダバスキャットがからみつく。多重録音なんでしょうね。とにかくこれが衝撃。アップテンポで、確かに技術的にはすごい。全編にコーラス隊が参加しており、あの迷作「Voices」を彷彿させる。

そして、私がトンデモゲッツのナンバーワンに推す、「Back to Bach」。日本の雑種混合読みなら「バック・トゥ・バッハ」、英語読みなら「バック・トゥ・バック」ですね。ネスカフェのテーマ「目覚め」のような、でもバッハ風(?)メロディのダバダバコーラスとゲッツが数小節ずつ前に出たり引っ込んだりで交代していくテイクで、ある意味ゲッツの新しい魅力を引き出しているといえるのか・・・楽しんで聴けます。しかし、これが「Captain Marvel」と同じ年に録音されたとは信じられない。

 

トンデモばかりでなく、例えば「Moods of a Wanderer」は映画音楽そのままのような出来栄えだし、ラスト「Bonjour Tristesse」(悲しみよこんにちは)は憂鬱な思いをロックビートに乗せた名曲。さすがルグラン。とにかく飽きずに聴けるアルバムであることは確か。こんなアルバムなのに他のオーケストラものよりジャズ要素は強いのはなぜ?

 

Communications 72

Communications 72