スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Quintessence, Vol. 1 /Stan Getz quartet with Chet Baker

Quintessence, Vol. 1

冒頭のアナウンスのあと、ゲッツによる「I'm oldfashoned」が強烈にカッコいい。ルバートでピアノと一緒に進み、AABAの最後のAでフレーズを繰り返すところなんか最高。しかし、そのあとチェット・ベイカーの歌が入ってくる。ここでガクリときます。

 

続く「Just friends」や「But not for me」、ゲッツによるこれらの曲は録音が少なく、チェットとの共演でなければ珍しい演奏ではあるんだけど、チェットのスキャットってどうなんでしょうね。バップ・フレーズを歌うようなスキャットは、ボーカル専業の人とはまったく違い、むしろ楽器を演奏しないジャズファンが酔った勢いでシャバダバ歌っているのと何が違うのかと思ってしまう。「But not for me」は例によって「終われない」w 確かにこの曲、お約束の3回繰り返しもちょっとそぐわないし、私も演奏するときにはエンディングでいつも迷います。

 

インスト曲は「Star eyes」「dizzy atmosphere」など、チェットが古い曲を好むのが反映されている。不調だと思っていたチェットはわりといいソロを聴かせる。

 

全体的にゲッツは好調で、歌伴でのソロではインストよりいいフレーズかと思うほど。そしてベースのジョージ・ムラーツのソロも素晴らしい。

 

Quintessence, Vol. 1

Quintessence, Vol. 1