スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

West coast jazz

ウェスト・コースト・ジャズ [SHM-CD]

ゲッツの最高傑作とする人もいる作品。確かに良い内容で、ジャケットも素晴らしい。ただ、ゲッツはワンホーン・カルテットのほうが良い、という意見もあるし、2管編成がわるいわけではないけどコンテ・カンドリはどうかなあ、という意見もある。

CDでは当たり前に追加されている「Split kick」がオリジナルのレコードには収録されていなかったとは驚き。確かにその他のアルバムで聴かれる同曲や「There will never be another you」よりは派手なソロではない。でも13度の音を多用してけっこう良いソロなんだけどね。

「People time」で「East of the sun」に感動した人には、ここでの同曲にはガックリくるかもしれない。また、「Four」や「A night in Tunisia」などはゲッツに合わない曲だという人もいるかも。私は、「A night in Tunisia」はこの曲のアプローチ方法としてすごく参考になるソロだと思います。

様々な意見があるアルバムではあっても、内容はすごく良い。傑作です。

 

West Coast Jazz

West Coast Jazz