スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live In Paris 1959

f:id:torinko:20180915082558p:plain

類似のタイトルがたくさんあるけど、久しぶりに出た未発表音源。リズムセクションは現地調達だろう、冒頭のCherokeeからかみ合わない演奏が続く。ゲッツがこの曲のテーマを普通に吹くということは珍しいので、それはそれでレア感がある。

 

レア感と言えば、このアルバムはレア感だけは満載。Softly As in a Morning SunriseやTenderly、Over the Rainbowなどせいぜいほかに1テイクくらいしか残っていない曲が聴けるのだから。ピアノ入りのYardbird Suiteとかもレア。

 

ゲッツは調子が悪いわけではないのだけど、なんとなくパッとしない演奏という印象。リズムセクションがかみ合わないせいだろうか。

 

 

Live In Paris 1959

Live In Paris 1959