スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live at Montmartre

ライヴ・アット・モンマルトル(紙ジャケット仕様)

スティープルチェイス唯一のゲッツ録音。単なるライブ録音と思わない方がいい、名盤。もともとレコード1枚だけの発売だったけど、残りテイクを「2」として発表し、CDでは追加曲も入った。

 

ジョアン・ブラッキーンは1976年より少しはうまくなっている。しかし何より重要なのはベースがニールス・ペデルセンであるという点。まだ10代じゃないのかな?やはり天才というべきプレイ。

選曲は「Lady sings the blues」なんてレアな曲もあり、またミルトン・ナシメントの「canção do sol」も聴ける。少しリードミスがあるけど、他のテイクより断然いい。しかし、ゲッツがミルトンの曲を愛奏曲としているとは不思議な気分。ブラッキーンはローズを弾いているけど、彼女はピアノよりローズのほうがいい演奏をする。

「Stan's blues」は、そうそう、まだこの時期はこのメロディなんです。80年代になるとまったく別の曲になるね。

「La fiesta」はゲッツがほとんどテーマを吹かず、ソロも盛り上げられないままで終わる。一度お蔵入りになったのには納得できる。ブラッキーンはさほどテクニカルでないにしろアルバート・デイリーより真摯で好感が持てるソロをとる。

 

当初は未発表だったディスク2は、どうしてこっちを落としたのかと思うテイクもちらほら。「infant eyes」はこの曲他の演奏と比べてもっとも「バラードとして」演奏している。「Lester left town」はこの曲の他の演奏と比べてもっともホット。「Blues for dorte」は「Vo.1」にはこちらのブルースを入れればよかったと思うほどの内容。

で、最後はCD追加曲だけど「やっぱり長くなるCon alma」なのです。

 

ライヴ・アット・モンマルトル(紙ジャケット仕様)

ライヴ・アット・モンマルトル(紙ジャケット仕様)