スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Stan Getz - Vol. 2-Teenage Stan 1946-1947

Teenage Stan, Vol. 2 (1946-1947)

「Vol.1」よりも後年のゲッツから遠ざかったような印象もある「Vol.2」。4曲はサヴォイの録音と同じテイクで、3曲は1947年のジャストジャズと同じ音源。サヴォイ録音は自由にのびのびと演奏しており、これが10代のくせにかなり上手。

前半のベニー・グッドマン楽団でのソロは、やはり「書きソロ」の香りがする。続くヴィド・ムッソのバンドはラジオ音源らしくアナウンスが入っているけど、「ゲッツをフィーチャー」と言っている。この時期、まだゲッツの名前は売れていなかったと思うけどわざわざフィーチャーというだけあってソロはたっぷり。

 

しかしこのCDの一番のポイントは「Blue rhythm blues」。なんとゲッツがアルトを吹いている。バリトンやソプラノの録音は有名だけど、アルトの録音は珍しい。

Teenage Stan / Vol.2 : 1946 /

Teenage Stan / Vol.2 : 1946 /