スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live in London Vol.2

Vol. 2-Live in London

「Vol.1」でもいったとおり、録音バランスのわるさとピアニストのまずさが気になってしょうがない。ピアニストについて、日本語ライナーでは「個性が強い」という表現をしているが、そういうものではない。あまりのひどさに怒りすら感じる。

ピアニスト、スタン・トレーシーは少なくともこれまではジャズ以外のフィールドで活動してきた人なのだろう、ヘタクソではないがあまりにもジャズを甘く見すぎている。「ジャズ?あんなの簡単だよ」と言ってそうだ。彼のソロ(?)は、フレーズでもなんでもなく、単に不協和音にならないような音を単音で連ねたり和音としてガンガン鳴らしているだけ。構成もないし、フリーではないけどデタラメに近い。いや、けっこう不協和音になっている。意図的なのかもしれない。

例えていうなら、ジャズ要素をまったく消し去ったデイヴ・ブルーベックに上っ面だけのセロニアス・モンクの物まねをスパイスとして振りかけた感じといおうか。

 

と、全然アルバムの話になっていなかった。ここで聴かれる曲はゲイリー・バートン入りカルテット時代のレパートリーばかり。バートンがいないのが不思議な感じ。ゲッツは生涯最高速に近いテンポで「What Is This Thing Called Love?」を演奏している。ピアニストに対する怒りを表現しているのかなあ。ライナーには「気にいっている」なんて言ったと書いてあるけど、アメリカ人特有のリップサービスでしょ。この曲の冒頭のピアノを聴けば私の言っている意味、怒りがわかると思います。怖いもの見たさでぜひ聴いてほしいアルバム。

Vol. 2-Live in London

Vol. 2-Live in London