スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Sweet rain

Sweet Rain

チック・コリアの参加で有名なアルバム。ジャケットの写真は誰なんだろう。

テンポが目まぐるしく変わるコリアの「Litha」、最初の4ビートでのフレーズはアドリブなんだろうか、他のライブ録音でも演奏しているんだけど、ゲッツのソロフレーズとしての特徴があるんだよなあ。もっというとコリアが「書いた」フレーズには思えない。ゲッツのストックフレーズなのかな。

2曲目の「O grande amor」は、このリズムセクションでは全然ボサノヴァに聴こえず、ゲッツも「Getz/Gilberto」のときとは違いやたらとエモーショナル。ジャズとしては素晴らしいけど、ボサノヴァファンには許容範囲を超えているというか、普通のジャズになっている。私は大好きですけどね。

「Sweet rain」はアルバムタイトルにもなっているけど、一番ピンと来ない曲なのかもしれない。これは曲を理解すると、このスローテンポがすごくエキサイティングに思えてきます。

最後の「WIndows」はマイクロソフト賛歌、いえ冗談です。多彩なフレーズが組み合わさったコリアのオリジナル曲で、静かに始まって一気にホットになるところが最高。

 

スウィート・レイン

スウィート・レイン