スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Moonlight in Vermont /Johnny Smith

ヴァーモントの月

ゲッツ参加で有名だけど、ゲッツ目当てで買うととんでもなく後悔することになる。CDによって違うけど、オリジナルアルバムの曲順をまるっきり無視した、真ん中にCD追加曲を突っ込んだ構成にも我慢できない。

 

ゲッツは別テイク含めて9曲だけ参加してるけど、とにかくソロが短い。1曲目なんて8小節だけ。タイトル曲でも6小節のみのソロで、始まったと思ったらすぐ終わる。そもそもジョニー・スミスのリーダー作だからそれは納得できるんだけど、ジャケットや評判でイメージするほどゲッツの存在感はない。「ゲッツ参加ゆえの名盤」だなんて誰が最初に言い出したのか。

ゲッツ目当てでなければ、どの曲も単なるブローイングでなくアレンジやセカンドリフを加え手が込んでいるテイクばかりで楽しめる。「stars fell on Alabama」は例の16分音符でのアプローチが聴ける。

 

このアルバムの最大のポイントは、ズート・シムズとゲッツの区別がつかないことw

パーソネルのデータを知って聴いているからいいものの、わからず聴いているとホントにそっくり。もう少し時代が下るとゲッツもズートも少しずつ変わってきて違いがわかるようになるんだけど。

 

Moonlight In Vermont

Moonlight In Vermont