スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Soul Eyes

Soul Eyes

つぶれた写真のトホホさにつられてはいけない。大名盤である。

聴き飽きているはずの「Blood count」もやはり何度聴いてもすばらしい。どうして盛り上がるのかわからない「Stans blues」、やっぱりエキサイトしてしまう。聴衆も怒涛の拍手。こんなやる気のないブルースが、なぜ。それだけゲッツの演奏がすばらしいということ。

 

有名スタンダードの「On a slow boat to China」を聴けるのはこれともう1枚だけ。ここでの演奏は神がかっているといっても過言ではない。この曲はゲッツに演奏されるために存在するのではないかと思えるほど。

 

そしてこのアルバムの白眉は、あの「Warm Valley」。傑作エリントンナンバーをゲッツが1ホーンで披露します。すばらしすぎる。

 

ラスト「Hush-a-bye」は、ゲッツは原曲とは違うメロディを演奏する。ラストレコーディングでもそうだったよね。私も見習って、自分が演奏するときはこっちのリフにしています。

 

Soul Eyes

Soul Eyes