スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Utopia

Utopia

「Poetry in jazz」に似ていて違うアルバム。「Poetry in jazz」と比較して、録音状態はわるくてもバランスはわるくない。選曲もアンディ・ラヴァーンの曲は2つに抑えているのがよかった。パーカッションも多彩ながら目立たず、一息つける。ゲッツはむしろリラックスしすぎているかも。ボブ・ブルックマイヤーの参加も違いの1つか。

 

「Lester left town」は64小節の曲で、並みのプレイヤーが演奏するとダラダラとしてしまうが、やはりゲッツは違う。スイングでパーカッションが入っているのはいただけないけど。でも続いてラヴァーンのタイトルだけは一人前「Jet lag」が来るとガクっとくるんだよなあ。

とってつけたような「willow weep for me」は一体何なのだろう。パーカッションは不参加らしいし、ベースソロの途中でブチっと切れるし。何より、このテンポ、この曲想でキメがあることには苦笑する。

 

と、文句をいっているようですが、実は好きなアルバムで何度も聴いています。

 

Utopia

Utopia