スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Bob Brookmeyer & Friends

Bob Brookmeyer & Friends

なぜボブ・ブルックマイヤーのリーダーでこのメンバーを集めることができたのかと思ってしまう。ゲッツのほか、ゲイリー・バートンハービー・ハンコックエルビン・ジョーンズ、CD追加曲ではトニー・ベネットも。エルビンのドラムがやはり特徴的で、ブルックマイヤーと合っているのか微妙なところもある。ハンコックの存在感はあまりない。

 

やはりゲッツのポジションは他のミュージシャンよりも上で、かなりゲッツをフィーチャーした内容になっている。バートンのイントロがかっこいい1曲目に続いて、2曲目の「Misty」冒頭におけるゲッツのサブトーンは最高。トロンボーン用に、D♭でやっている。バラードはほかにも「Skylark」「 I've Grown Accustomed To Her Face」が入っていて、こちらもゲッツのすばらしい演奏が聴ける。

 

「Sometime Ago」は当然チック・コリアの方ではなく、ビル・エヴァンスが「You Must Believe in Spring」で演奏している美しいワルツの方。たぶんこの曲を好きな人は多いと思うから、これはうれしいんじゃないかな。エルビンのドラムがムード無視でジョン・コルトレーン・カルテットのときよりちょっと優しくなった程度なのが笑えるんだけど。そういえばこのアルバム、「A love supreme」と同じ年の録音だったかな。