スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Early Stan

 Early Stan [12 inch Analog]

テリー・ギブスのセッションとジミー・レイニーのセッションをゲッツでまとめたもの。レイニーの方は、当初「スヴェン・クールソン」でクレジットされていたはず。

 

レイニーは実はけっこうメカニカルな作風で、1曲目「Motion」など原曲の「You step out of a dream」の雰囲気をがらっと変えた作曲とプレイ。この人、リーダーセッションだと調子が出るんですよね。レイニーがリーダーのセッション4曲では、ゲッツはかなり安定したプレイをしていて、名盤とされる「Stan Gtez Quartets」なんかより断然いい。それもそのはず、こちらの録音は1953年。CDにはちゃんとそう記載されているけど、ディスコグラフィーの中にはこのアルバムすべて1949年録音とされているものもあるので注意。

レッド・ミッチェルのソロもフィーチャーされているのがうれしい。「Signal」なんて完全にゲッツのリーダーセッション状態、フランク・イソラもこんなに軽快な叩き方ができるのか、と目から鱗です。この4曲はゲッツの全録音の中でもかなりすばらしいものだと思います。

 

それに対してギブスの方は、完全に「& his men」状態でソロが短い。ショーティ・ロジャースと同扱いとは・・・でもしっかり個性が確立している時期なので、その短いソロでもじゅうぶん聴きごたえがある。

Early Stan

Early Stan