スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

The Be Bop Era

The Be Bop Era

ビバップの記録が収録されていて、ゲッツの録音ということを抜きにしても楽しめるアルバム、ジャズファンなら。面白さよりも貴重な記録という意義の方が大きいから。

1950年のメトロノームオールスターズの録音2曲でゲッツが聴かれる。マックス・ローチレニー・トリスターノとの共演となっている。ディスコグラフィーにはディジー・ガレスピーの名前もあるけど、ソロどころかアンサンブルからもトランペットの音色が聴こえない。

 

リー・コニッツとサージ・チャロフとの、アルト、テナー、バリトンという編成はソロ回しで聴くと面白い。トリスターノのピアノはいかにも彼らしく、すぐにわかる。ゲッツに関していうなら、悪くはないけどやはり記録として貴重ですね、という程度の印象かな。