スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live From 1952 to 1955

Stan Getz: Live From 1952 to 1955

ブート音源を集めたアルバムで、フェイドアウトのテイクもたくさん。冒頭4曲はチェット・ベイカーとの「L.A. Get-together!」にも収録されているけど、パーソネル表記がまったく違う。どっちが正しいかは不明。

 

ゲッツ自身はもっとも好調な時期と言えるだろうか、力むことなく難しい曲でもたやすそうに演奏している。そういうところはゲッツの魅力の1つだろう。10曲目までは「Stan Getz plays」の録音時期を挟んで前後3か月頃の録音だしね。ケニー・クラークバディ・リッチとの共演も入っている。

 

最後にトニー・フルセラとのクインテット録音が入っているのはマニア垂涎かもしれないけど、フルセラってそんなにいいかなあ?いわゆる伝説的なトランぺッターだから、希少価値だけで高評価を得ている気がしないでもない。

 

それにしても、ジャズ批評にも書いてあったけど、このジャケット何のつもりなのでしょうね。