スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Spring is here

Spring Is Here

「the dolphin」と同時期の、姉妹作。演奏内容は当然良すぎるんだけど、選曲がバラード中心になっているのはいかにもアウトテイク寄せ集めアルバムか。それぞれの曲はどれも素晴らしいんですけどね。

 

とにかく、冒頭「How about you」が良い。ソロに入ってもベースの2ビートの刻みが続くところとかペダルで進むところとか、さすがベテランのモンティ・バドウィック。ビル・エヴァンスとの「Empathy」を聴いたときは全然ピンと来なかったけど。

2曲目「You're blase」は50年代に何度か吹き込んでいるバラード。1音引っ掛けて入るのもカッコいいし、エンディングのコード進行がまたゲッツらしくカッコいい。

ただ、このあと5曲あるんだけどスロー曲が4曲なんです。だからアルバム全体通して聴くと印象が薄くなるのかもしれないね。

 

Spring Is Here

Spring Is Here