読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Voices

Voices

ストリングスの代わりに混声コーラスがバックについた作品。

 

というと興味深く思えるんだけど、実際は期待(?)のコーラスの音量が小さくて、フツーに聴けてしまうのが残念。もっとキワモノだと思っていたのに。

 

選曲はホント、箸にも棒にも掛からないものが延々と続く。ジャズとして有名なのは「I Didnt Know What Time It Was」「Nica's Dream」だけ。いや、知らない曲だからダメということではない。そうでなく、印象にも残らない、平坦なびっくりするほどどうでもいい曲が、なんとフェイドアウトで終わったりする。ジャズファン以外をターゲットにした作品だと思うんだけど、クリード・テイラーはこれで何がしたかったのだろう?

1曲目「Once」は、クラシックの曲ですね。

 

Cool Velvet/Voices [2 on 1]

Cool Velvet/Voices [2 on 1]