読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

At Nalen-Live in the Swedish Harlem

At Nalen-Live in the Swedish Harlem

特にすぐれているとは言わないけど、楽しく聴けるアルバム。「News From Blueport」「A New Rhumba」「Catch As Catch Can」などここでしか聴けない曲がつまっている・・・と思いきや、「A New Rhumba」はベースのソロのみ、おまけにテーマからして純度100%の4ビートw、「Catch As Catch Can」はピアノトリオによる演奏。「News From Blueport」はゲッツのソロがあるものの、テーマは当時の欧州組らしくちょっとジャズ度が低いプレイとなっている。いや、ジェリー・マリガンの初演が同じようなアレンジなのだろうか?

 

しかし、このアルバムではよくもわるくもゲッツの「粗削り」な演奏が聴ける。「Gone With The Wind」はこの曲を演奏するときの毎度のお決まりフレーズに少し変化が見られるのもおもしろい。ちなみにこの曲からラストに至るまでだんだん演奏がだれてくる。実際のライブの曲順とは違うかもしれないけどね。

「Easy Living」については、80年代のレパートリーという印象があるので、意外感がある。「Summertime」も60年代のゲイリー・バートン時代以降という印象。こっちの方が意外かな。

いえ、いま思いつかないだけで、探したら50年代の録音もあるかもしれません。

At Nalen-Live in the Swedish Harlem

At Nalen-Live in the Swedish Harlem