読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Jazz Collector Edition

Stan Getz : Jazz Collector Edition CD (1991)***NEW***

すごく不思議なアルバム。この、いかにも千円盤のようなダメジャケットと、録音データ不記載ということもあり、明らかに海賊盤という印象w

 

ところがこのアルバム、とんでもなくよい。全部で3つのセッションなんだけど、最初の4曲のアレンジが丁寧で秀逸。「yesterday」のリハモ、「old folks」でのアイデアがすばらしい。「song without words」はフュージョン風ライトサンバ。メロディが初期チック・コリアそのままなんだけど、クレジットを見ると「チャイコフスキー」と書いてある。クラシック曲のアレンジにしては完全に70年代フュージョン

 

真ん中の3曲はいろんなCDに入っている50年代の北欧ライブ、ゲッツファンは聴き飽きているもの。最後の2曲のうち「Stan's tune」は聴いていみると「con alma」で、この曲にしては奇跡的に短くなっているw