読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Stan Getz Quartet at Birdland 1961

60年代

Stan Getz Quartet at Birdland 1961 (Previously unreleased)

音質はいかにもエアチェックというわるさ、でもゲッツのプレイはよい。ロイ・ヘインズもあまり目立たないのでOK。とにかくベースのジミー・ギャリソンがいい演奏をしている。スコット・ラファロ事故死からほぼ4か月後の録音。

 

ただ、このアルバムはラインナップがひどい。50年代初期と60年代初期のレパートリーが並んでいるのは興味深いんだけど、つまらない曲をわざわざ選んだのかという感じ。

 特に「Where Do You Go?」はかったるい。ラファロとの共演を聴いたことがある人は「この曲こんなだったっけ?」と思ったかも。違う曲ですよね。加えて「Jordu」「When The Sun Comes Out」と、誰も喜ばないナンバー。ちなみにあいかわらず「Autumn Leaves」はCマイナー。

シンフォニー・シッドのMCはテキトーすぎるし、まるでラジオ音源のような構成はなんなのだろう。

 

AT BIRDLAND 1961

AT BIRDLAND 1961