読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Live at Newport Jazz Festival 1972 /Woody Herman & His Thundering Herd

70年代

Live at Newport Jazz Festival 1972

ディスコグラフィーではゲッツが4曲参加ということになっているけど、ソロは聴こえない。この当時でゲッツにアンサンブルだけさせるということはあり得ないので、ディスコグラフィーの誤りだと思う。

 

実際にソロが聴けるのは「four brothers」と「early autumn」。前者はウディ・ハーマンがMCでつまらないギャグを飛ばすところ以外は、ゲッツのソロも短くあっという間に終わり、特筆することはない。

「early autumn」はセカンド・ハードに比べるとずいぶんレベルが低いなあという印象。アンサンブルがなんだか合っていないような感じ。ハーマン自身も衰えている。肝心のゲッツは、ソロの内容は初演時より格段に良いのは言わずもがな、1972年といえばチック・コリアとバンドを組んでいた時代、この20日後にはあのモントルーライブを録音するのに、古いこの曲でちゃんと曲想に合わせたプレイをしていることがすごい。

Live at Newport Jazz Festival 1972 by Woody Herman & His Thundering (1999-08-24) 【並行輸入品】

Live at Newport Jazz Festival 1972 by Woody Herman & His Thundering (1999-08-24) 【並行輸入品】