スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Jean-Luc Ponty with Kurt Edelhagen & His Orchestra

ゲッツが1曲参加しているアルバムで、とにかく音質がわるい。「これは本当にゲッツなの?」というくらいだけど、たまにゲッツフレーズが出てくるので納得できる。とはいっても、ウディ・ハーマン楽団での客演と比べるとそのゲッツフレーズもとっても少ない。いわゆるフュージョン風で、マニアにはたまらないかもしれない。

 

勢いのあるビッグバンドでいわゆる一発ソロを繰り広げるという曲です。ゲッツの出番は最後なのは、どうなんだろう、これはやっぱりそれなりに大物扱いされているということなのかな。リーダーのジャン・リュック・ポンティは3番手で、調子がわるいソロをとっている。

 

Under Pressure (feat. Kurt Edelhagen and His Orchestra)

Under Pressure (feat. Kurt Edelhagen and His Orchestra)