スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Getz Meets Mulligan in Hi-Fi

Getz Meets Mulligan in Hi-Fi

ゲッツがバリトンを吹くというアルバム。ゲッツのバリトンはゲッツらしくないけど、ジェリー・マリガンのテナーはゲッツらしくないので、それでどっちがどっちかわかります。ジャズ批評では間違った解説をしていたようですけど。ソプラノを吹く演奏もあるわけだから、アルトを吹いているゲッツも聴いてみたい。ないのかな。いや、実はあるんですよ。

 

ゲッツがさんざんいろんな演奏でメロディを引用してきた「Anything goes」がようやく演奏されるという、マニアにとっては記念碑的なアルバムw ほかの選曲はバリトンの音色のイメージもあってなんとなくぱっとしない印象なんだけど。

個人的には未発表でCD追加となった「Scrapple from apple」での演奏が好き。アップテンポで軽快に進むこのテイク、どうして未発表になったのかな。

それと「This can't be love」でのフレーズに、理論的には「?」なのにかっこ良くて真似したくなるような特徴的な部分があり、やっぱり最後はセンスなんだなあとつくづく思いました。

 

Getz Meets Mulligan in Hi-Fi

Getz Meets Mulligan in Hi-Fi