読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Moments in Time

70年代

Moments in Time

同時に発売されたジョアン・ジルベルトとのライブと違い、こちらはゲッツのカルテットが存分に演奏している。ジョアン・ブラッキーンもガンガン弾いている。もっともブラッキーンのピアノはそんなにいいものではないけど。

 

スタジオ盤でしか聴けなかった「Summer Night」、本家ウェイン・ショーターよりもぴったりくる「Infant Eyes」、これをやるか?というホレス・シルバーの「Peace」のほか、ケニー・ホイーラーの「The Cry of the Wild Goose」など名曲とレア曲を収録。録音も先のジョアン盤と同じエアチェックだと思われるのにノイズが少ない。あちらは小さい音をなんとか聴けるようにした結果なのだろう。

 

毎回長くなる「Con Alma」にはいつも苦笑だけど、これはファンにとって発掘音源として非常にうれしいプレゼントだと思う。

 

Moments in Time

Moments in Time