読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Pure Getz

Pure Getz

ジャケットがモノクロだから、なんとなくパッとしない内容なのかなと思うと、いい意味で大きく予想を裏切られる。80年代以降のゲッツは基本的にハズレなし。

ライブでもおなじみの「On the up and up」や「Tempus fugit」のスタジオ録音も収録。「Sippin' at Bells」ではピアノレスの中マーク・ジョンソンのベースとゲッツがクールな掛け合いをしながら進み、ピアノが入った瞬間ゲッツもホットな演奏に切り替わるのがすごくカッコいい。

「Very early」は、バラードではないけどゲッツのバラードの特徴である、カッコいいエンディングが用意されている。このエンディングを聴くためにこのアルバムを聴いてほしい。「I wish I knew」はジョン・コルトレーンの「Body and soul」のイントロで始まる。コルトレーンが演奏しているテイクも名演だからトリビュートなのかな?

 

Pure Getz

Pure Getz